リポジトリ

読み方、または別称:りぽじとり

リポジトリ(repository)とは、情報工学でデータの貯蔵庫のことで、その意味ではデータベースの一種ともいえる。

なお、データを管理するための情報がメタデータで、メタデータを収集し登録および管理したのがデータディクショナリである。データディクショナリはデータの管理が主な役目であるがシステム開発の各工程での結果をメタデータとして管理するのがリポジトリである。

すなわち、リポジトリは、バージョン管理システムのCVSやSubversion、 Visual Source Safe (VSS) などでサーバにプログラムを溜めておく場所のことで、リポジトリからプログラムや文書などを呼び出して、外部にファイルをコピーして作業を開始する。

作業の終了後は、リポジトリにその旨を知らせるが、その作業はリポジトリに差分情報をアップデートすることである。なお、Mavenではプロジェクトに依存しているライブラリをダウンロードするためのライブラリを集めたサーバのことをリポジトリという。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る