リファラ

読み方、または別称:りふぁら

リファラとは、あるホームページからあるホームページに移動した時の元のホームページのことである。元のホームページはURLで示されることが多い。リファラの機能を使うことで誰が、どんな目的でホームページを訪れたか知ることができ、セキュリティ効果を高めることができる。参照元を意味する英語はreferrerであるがHTTPリファラは、始めて作られたときに間違ったスペルで書かれ、今でも表記は間違ったReferである。

リファラはコンピュータを使って交信する非常に有力なツールである。リファラを上手く使った交信の例として、ブログ間同士の交信があげられる。ただリファラは個人情報をさらすことになるため、リファラ設定を禁止しているブラウザもある。禁止するための具体的な例として、セキュリティソフトではデータを空欄にして、サーバベースのものには偽物のURLを設定することが多い。偽物のURLを用いた場合は当然リファラスパムが問題になる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る