リバースプロキシ

読み方、または別称:りばーすぷろきし

リバースプロキシ(Rverse proxy)または逆プロキシとは、特定のサーバへの要求を必ず経由するよう設置されたプロキシサーバのことである。一般的なものとは異なり、不特定多数のサーバを対象としないのが特徴である。主に、不特定多数のクライアントからの要求に対し、応答を肩代わりし、サーバの負担を軽減・アクセス制限することを目的としている。

リバースプロキシが使われる理由は、1.セキリュティ:リバースプロキシを前置することで、防御が一段階増えるが、認証・認可の機能を持たせる場合がある。2.暗号化/SSL高速化:SSLによる暗号化でセキュアなウェブサイトを作成する際、SSL高速化のためにハードウェアを備えたりする。

3.負荷分散:負荷を複数のサーバに分散させる。4.変化ないコンテンツのキャッシュ:ウェブサーバ内の画像などを変化せず、コンテンツのキャッシュとして作用し、負荷を低減する。5.圧縮:コンテンツを圧縮し、最適化する。6.速度の調整:ウェブサーバ上のプログラムがコンテンツを生成している場合、クライアントと直接通信することでクライアント側がダウンロード可能になる。

7.仮想的なサーバ統合:複数のサーバが独自のサービスを提供している場合、リバースプロキシを導入、利用者側に1台のサーバのように見せる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る