リアルタイムOS

読み方、または別称:りあるたいむおーえす

リアルタイムOS(オペレーティングシステム)、RTOS (Real-time operating system)は、リアルタイムシステムアプリケーションのためのOSで、その主な機能は時間資源の保護と実行時間の予測可能性を示すことである。

例えば、同期通信で、ある特定のタスクに待ち状態が発生した場合にスケジューリング調整を行うが、このスケジューリング規則にRTOSの大きな特色がある。

RTOSの要求指標には、ユーザアプリケーションからサービスコールを呼出した場合の最悪値、ハードウェア割込みから処理ルーチンを呼出すまでの最悪値、および、高優先度のタスクの確実な実行を保証するスケジューリング規則があり、これらの全てで時間制約を守ることが最優先される。

なお、RTOSの設計方針は、イベントで要求されたときだけタスク切り替えを行うイベント駆動型設計と、クロック割り込みでもタスク切り替えを行うタイムシェアリング型設計である。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る