リアプロジェクションテレビ

読み方、または別称:りあぷろじぇくしょんてれび

リアプロジェクションテレビ(Rear Projection TV)とは、大型テレビの一種で、普通のテレビと違うのは画面に見立てたスクリーンの背面から、内蔵プロジェクターで投影することである。通常のプロジェクターはスクリーン前方から投影するため、フロントプロジェクターと呼ぶ。

リアプロジェクションテレビは、略してリアプロとも呼ばれている。小型のブラウン管または液晶パネルの画面をミラーで反射し、スクリーンに投影する。1990年代前半までは、40インチ以上の大型ブラウン管や薄型テレビが製造されていなかったため、2000年前後にプラズマディスプレイが大型化するまで、40インチ以上のテレビでりあるプロジェクションテレビは選択肢としてなかった。

よって、一般家庭においてはあまり普及されていなかった。使われていたのは、主にホールやホテルの宴会での会場内カメラなど。オフィスビルや公共施設のロビーでのPRでも使われていた。
リアプロジェクションテレビの利点は、大画面TVとしては当初安価だったこと、3色混合表示で自然かつ奥行き感のある色を表現できたこと、応答速度が速いなどが挙げられる。

一方欠点は、視野角が狭い、適正視聴距離以下で4隅に明度のムラができるなどがある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る