リアプロ

読み方、または別称:りあぷろ

リアプロとは、リアプロジェクションテレビ(Rear Projection TV)のことで、画面に見立てたスクリーン背面から内蔵プロジェクターで投影し、表示する大型テレビの一種である。通常、プロジェクターがスクリーンの前方から投影するため、「フロントプロジェクター」と呼ぶ場合もある。

リアプロは、小型のブラウン管または液晶パネルの画像をミラーで反射し、スクリーン投影する方式で、2000年前後に少しずつ一般家庭に普及されていった。というのも、1990年代前半までは40インチ以上の大型テレビや薄型テレビの製造技術がなかったのが、大きく関係している。

2000年前後にプラズマディスプレイが大型化し、40インチ以上の大画面が増えてきたことから、日本でもリアプロが普及されるようになった。ちなみに、アメリカや中国ではすでに一般的に普及していた。日本では一般家庭に普及するまでは中継モニターや宴会場での会場内のカメラなどに使われることが多かった。

リアプロの利点は、大画面TVとしては当初安価だったこと、3色混合表示で自然にかつ奥行きのある色表現、応答速度が速いなどが挙げられ、欠点は視野界が狭いこと、ランプの寿命が従来のTVよりも短いなどが挙げられる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る