ラムダ計算

読み方、または別称:らむだけいさん

ラムダ計算(lambda calculus)とは、関数の定義と実行を抽象化した計算体系で、理論計算機科学や数理論理学にて用いられる。ランダム算数とも呼ぶ。ラムダ計算は、関数を文字ラムダを使った式で表し、ラムダ計算を用いて一階述語論理の決定可能性問題を解く。

これらは1930年代にアロンゾ・チャーチとスティーヴン・コール・クリーネによって考案され、1936年にチャーチによって解かれた。ラムダ計算は、「計算可能な関数」が何かを定義するために用いられることもあり、計算の意味論や型理論など、計算機科学においてさまざまな場所で使われている。

ラムダ計算は、1つの変換規則と1つの関数定義規則のみを持っている。その為、最小のプログラミング言語であることもでき、すべての計算可能な関数が表現でき、正しく評価される意味を持つ。これは、ラムダ計算がチューリングマシンと等価な数理モデルであることを意味し、チューリングマシンがハードウェアのようなモデル化であるのに対し、ラムダ計算はソフトウェアのようなアプローチをとっている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る