メッシュネットワーク

読み方、または別称:めっしゅねっとわーく

メッシュネットワーク(mesh network)とは、ノード間のデータもしくは音声ルーティングの一種で、故障などで使えなくなった経路が発生しても、継続的に接続と再構成を繰り返し、ノードからノードの転送を送信先に達成するまで行うことである。

全ノードが相互に接続されているものを完全接続ネットワークと呼ぶ。メッシュネットワークの最大の特徴は、各ノードがトラックを転送する「ホップ」となる。ホップによって各ノードから任意ノードへと接続することが可能になる。

とはいえ、一般的にはノードは移動はしない。モバイルアドホックネットワークと密接に関連しているが、MANETではノードが移動することで発生する問題を対処しなければならない。無線メッシュネットワークというものがあるが、これは典型的応用例で、クライアントアクセス、双方向サービス、移動体への高速転送のための無線スキャン機能が提供できる。

メッシュノードの設計よりもモジュール性が高く、異なる周波数で通信する複数の無線カードをサポートすることが可能である。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る