メインメモリ

読み方、または別称:めいんめもり

メインメモリ(Main memory)は主記憶装置のことで、CPUなどのプロセッサが直接アクセスすることのできる記憶装置で一次記憶装置とも呼ばれる。

現在の半導体メインメモリは大きく分けると、読み書きが自由なRAM(Random Access Memory)と、読み取り専用のROM(Read only Memory)がある。

初期のコンピュータでは、水銀遅延線やブラウン管記憶装置、さらに発展して磁気ドラムメモリ、や磁気コアメモリなどなどが利用されていたが、現在は半導体メモリが主役である。

磁気コアメモリの主記憶装置は電源がなくても内容を保持できていたが、半導体メモリのRAMは、高速ではあるが、保持できる記憶容量が限られており、電源の供給がないと記憶内容が消えてしまう。そのため、補助記憶装置に記憶内容を格納して、必要に応じてそれを読み込む形式を取る。なお、RAMには、一定時間が経過するとデータが消失えるダイナミックRAM(DRAM)と、電気があれば内容を保持するスタティックRAM(SRAM)がある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る