マルチトラック・レコーダー

読み方、または別称:まるちとらっくれこーだー

マルチトラック・レコーダー (Multi Track Recorder) 多重録音機であり、特に音楽の制作に多用される。

テープ媒体やディスク媒体で2トラック以上の複数の録音トラックの独立した録音および再生を行え、つまり、複数のトラックのそれぞれに個別に録音と再生を選択することができるのがマルチトラック・レコーダーである。

マルチトラック・レコーダーは全ての意味で音楽ソフトの制作では極めて重要な装置である。すなわち複数のパートを個別のトラックにそれぞれ独立して録音再生することが可能なので、一旦全パートを適宜なレベルで録音した後で任意のレベルや定位、エフェクト処理でミキシングし、最終的なステレオソースを作る事が可能になる。

また、任意に録音と再生を切り替えられるので、例として、まずリズムパートを録音して、それを再生しながら、他の演奏パートを別のトラックに録音することもできる。その後に歌唱を複数のトラックに録音し、良い部分をつないでいくこともできて、さらに一人での二重、三重などの多重唱もできる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る