マルチスレッド

読み方、または別称:まるちすれっど

マルチスレッド(multi-thread)とは、1つのアプリケーションソフトがスレッドで処理単位を複数生成し、並行し処理することを指す。いわゆる、アプリケーションソフト内でのマルチタスク処理のことである。マルチタスク同様に、CPU処理時間を短い単位に分割し、複数のスレッド順に割り当てることで、複数の処理を同時に行っているように見せることである。

スレッド(thread)とは、CPU利用の単位のことで、プロセスに比べプログラムを実行する際、コンテキスト情報が最小で済む。その為、切り替えが早くなり、ライトウェイトプロセスとも呼ばれている。スレッドは、thread of execution(実行脈絡)の略称になる。

計算機上で複数の処理を同時に実行する「並行計算」や「マルチタスク」は、処理を分割し同時に実行する部分を指定できる。その処理の分割単位として、スレッドとプロセスがある。新たなプロセスを動作させるためには、CPUやメモリ空間などを割り当てる必要があり、それぞれのプロセスは割り当てられた資源内で独立して動作する。

しかし、メモリ空間が独立してしまうという欠点があり、独立したメモリ空間が不必要な場合、メモリの利用効率が悪くなる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る