マルチコア

読み方、または別称:まるちこあ

マルチコア(Multiple core、またはMulti-core)は、1つのパッケージの中に異なる機能を持つ2つ以上のプロセッサ・コアを封入する技術で、マルチプロセッシングの一つである。

したがって、見た目には1つのプロセッサ・コアであるが、内部には複数のコアがあるため、並列処理を必要とする環境下で、プロセッサのチップ全体での処理能力が高くなり、性能も向上する。

なお、1つのプロセッサのパッケージ内に2つのプロセッサ・コアが封入してあればデュアルコアで、4つ封入ではクアッドコア、さらに8つだとオクタコアと呼ばれる。高性能な専用プロセッサの中には8つどころではなく、数十個ものコアを内部に持つものがあり、これはメニーコア(Many core)と呼ばれる。

高い性能が要求されるワークステーションやサーバ分野はもとよりであるが、通常のパソコンでも、消費電力と廃熱処理などに対処するためや、クロック周波数向上対効果のために、現在ではこの技術への移行が進んでいる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る