マルチエージェントシステム

読み方、または別称:まるちえーじぇんとしすてむ

マルチエージェントシステム(Multi-Agent System)とは、複数のエージェントから構成されているシステムである。個々のエージェントやモノリシックなシステムでは困難とする課題をシステム全体として達成することができ、またそれぞれ異なった判定アルゴリズムなどの特徴を持っているエージェントモデルを使って、腹痛かつ一定以上のエージェントを多数設定することがえできる。

このように、マルチエージェントシステムは同じ特徴を持ったいくつかのノードの相互作用によるシミュレーションとは違い、さまざまな個性を持った予測不可能な事象をモデル化し、できるだけ実際に起こり得る状況を再現することを目的としている。適用事例として、災害時の避難誘導方針決定システムがある。

ちなみにエージェントとは、正しくは"ソフトウェアエージェント"と言い、ユーザーや他のソフトウェアとの仲介的関係で動作するソフトウェアを説明する抽象概念のことであり、論理的モデルである。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る