マウス

読み方、または別称:まうす

マウス(mouse)とは、マウスとは、パソコンの入力位置を指示するポインティングデバイスの中でも主となる、GUI操作のために使われる、キーボードと並ぶ、代表的な入力機器であるコンピュータの周辺機器である。操作画面上に表れる、マウスポインタと呼ばれるカーソルを操るために用いられる。

移動の仕組みは、以前は底面につけられたボールの回転によってコンピュータに信号を送るというものであったが、最近では赤外線を用いて移動方向と距離を計算する方式を採用したオプティカルマウス、さらに赤外線に代わってレーザー光を使い精度を高めたレーザーマウスが主流になっている。

マウスは様々な形状があるが、一般的に手のひらにおさまる程度の大きさで、1つ以上のボタンが備えられていたり、ボタンとしても使える「ホイール」が備えられており、4つ以上のボタンを備えた多ボタンマウスなども存在する。また最近では、マウスそのものがボタンになっているマルチタッチ対応マウス、コンピュータとケーブルでなく無線で通信するワイヤレスマウスなどがある。

マウスの主な操作はマウスカーソルで対象を指し示すポイント、マウスボタンを1回だけ押すクリック、マウスボタンを連続で2回押すダブルクリックなどで、動作を使い分けて、コンピュータを操作する。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る