マイクロペイメント

読み方、または別称:まいくろぺいめんと

マイクロペイメント(micropayment)とは、少額の金銭支払いの手段として考案され、最近ではクレジットカードなどの電子的支払い機構では現実的に処理できない程度の小額支払いを意味している。その為、「小額決済」あるいは「超少額決済」とも言われている。

マイクロペイメントシステムは、インターネットでコンテンツ料金を集める方法として、近年急激に進歩しており、オンライン収入源としては比較的新しいイノベーションになる。また基本は、非常に多くのコンテンツ閲覧者に少額の支払いを求めるもので、ウェブコミックの作者がオンラインコミックを25セントで閲覧可能にする形態がマイクロペイメントになる。

マイクロペイメントの重大な問題点は、"顧客から代金を集める"ことである。例えば、顧客のクレジットカードに購入した分の料金を請求する方法がそれにあたる。クレジットカードで例えると、1ドルの料金を請求することは、マイクロペイメントプロバイダにとっては財政上現実的ではないということになる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る