マイクロプロセッサ

読み方、または別称:まいくろぷろせっさ

マイクロプロセッサとは、プロセッサを集積回路で実装したもので、コンピュータなどに搭載されていることが多い。特徴は、小型で低価格、大量生産が容易にできることで、コンピュータのCPUの他、ビデオカード上のGPUなどにも使われていることが多い。

用途によっては、入出力の周辺回路やメモリを内蔵したものもある。1つのLSIでコンピュータシステムとして動作するものを、ワンチップマイコンともいう。CPUやプロセッサ、マイクロプロセッサなどは同義語として使われることが多いが、本来はプロセッサは処理装置の総称で、CPUはシステム上で中心的なプロセッサになる。

マイクロプロセッサに関してはMPU同様、マイクロチップに実装されたプロセッサのことである。マイクロプロセッサは前途の通り1つのLSIチップで機能を完結したものが多いが、なかには複数のLSIから構成されているものもある。

一般用は1971年にインテルが開発を行い、当初は電卓用として開発された。性能が限られていたが、生産や利用が大幅に容易になったことで、大量に使われるようになった。現在では、大きなメインフレームから小さな携帯電話、家電までさまざまなコンピュータや情報機器に搭載されている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る