マイクロフォン

読み方、または別称:まいくろふぉん

マイクロフォン(Microphone)とは、音を電気信号に変換する機械のことで、マイク(Mic)と略される。マイクロフォンにはさまざまな方式があり、「ムービング・コイル型」「リボン型」「コンデンサ型」などに分けられる。ムービング・コイル型とは、ダイナミックマイク(動電型マイク)の一種で、可動線輪型ともいう。

永久磁石と可動コイルを組み合わせている。コイルはプラスチックフィルムをドーム状にし、振動板に固定され、ダイヤフラムが音波を受け振動する。振動することでコイルが動き、音声信号を得ることができる。また、機構が単純で電池や電源も要らないため、丈夫で湿度に強いという利点がある。大音量でも音が歪むことは少ない。

リボン型は、ムービング・コイル型と並ぶダイナミックマイクの一種である。薄い金属膜を細長くカットし、細かい折り目をつけたものになる。ノイズの振動に弱い反面、振動系が軽く動きやすいという利点があり、低音域から高音域などに反応、広範囲の周波数帯域を持っている。

コンデンサ型は、互いに平行な2枚の金属板を近づけることで起こる。一方をダイヤフラムに置換すると、振動に応じ電極間の距離が変わる。よって、音声信号に比例した静電容量が変化する。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る