マイクロソフト・オフィス

読み方、または別称:まいくろそふとおふぃす

マイクロソフト・オフィス(Microsoft Office)とは、マイクロソフトのオフィススイートのことである。マイクロソフト・オフィス単体としては1983年5月に別名(Multi-Tool World)でXenix向けに発売され、のちの1989年6月に、オフィススイートとして複数のソフトウェアがセットになったものが発売された。

Macintosh向けが最初であるが、1990年10月にはWindows向けも発売している。日本語版が用意されたのは、Office for Mac 4.2とOffice 3.0から。主要となるデスクトップ製品は、Word・Excel・Outlook・PowerPoint・Access・Publisher。それぞれWordはワープロソフトのことで、アウトラインでの作業に向いている。

Excelは表計算ソフトのことである。マクロ言語で表計算を越えた利用方法できる。Outlookは、個人情報管理ソフト(PIM)で、電子メールクライアントとしての機能を備えている他、グループウェアとしての利用も増えている。Mac版はEntourageになる。

PowerPointはプレゼンテーション用のソフトウェア、Accessはデータベース、Publisherはデスクトップパブリッシング(DTP)になる。後者の2つの機能に関しては、Windos版のみに存在する。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る