マイクロコード

読み方、または別称:まいくろこーど

マイクロコードとは、マイクロプログラム方式やその方式で書かれたプログラムを指す。本来は、プロセッサを実装する方法論のひとつである。主に、CISCのプロセッサで採用されている。広い意味ではファームウェアとほぼ同義となる。

マイクロプログラム方式とは、プロセッサの制御装置の実装手法のひとつで、CPU内にあるマイクロプログラムを使用している。その為、複雑な命令も比較的簡単に実装することが可能となる。利点は、OSを含んだソフトウェアから見た場合のハードウェアを簡単に追加や拡張し、プロセッサ間で標準化し、互換性を高めること。

そして、異なる命令セットのCPUエミュレートにも応用できるという点である。しかしその反面、複雑な命令を増やすと、パイプラインの効果が薄れるという欠点がある。マイクロコードは、ROMに格納されていることがあり、CPU初期化の一環として、RAMにロードされる場合もある。

その為、広い意味でCPU以外を含んだファームウェア全般を指す場合もある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る