ホットスポット

読み方、または別称:ほっとすぽっと

ホットスポットとは、無線LANを用いてインターネットへ接続するサービスのことをいう。公衆無線LANとも呼ぶことが多いが、ホットスポット、アクセスポイント、無線LANスポット、フリースポットなど呼び方はさまざまである。

利用されている場所は、主に鉄道駅や空港、ホテルなど。他にも、ホテルや喫茶店、飲食店などの商業施設をメインに公開されている。なかには、自治体公舎など公共施設で利用できるところもある。最近では、FONと呼ばれる個人の公衆無線LANアクセスポイントなどもある。

主流になっているのは、「ゲスト」と「フリー」「会員/契約制」の3つ。「ゲスト」は、その場で一時的に利用できるもので、「フリー」はその名の通り自由に利用できる。「会員/契約制」では、事前に提供業者の会員になっておく必要がある。

なかには、セキュリティ意識の低い「野良AP」なども存在する。種類はさまざまで、無料のものもあれば有料のものもあり、公共施設で利用されるものとビジネスモデルとでも微妙に異なってくる。無料のホットスポットは、ソフトバンクが提供しているFONなど代表的である。参加者向けに無料で開放されている。

一方有料では、定額制がほとんどで、ユーザ認証を通じて課金されるシステムになっている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る