プロトコルスタック

読み方、または別称:ぷろとこるすたっく

プロトコルスタック(protocol stack)とは、コンピュータ上で、通信を実現するための一連のプロトコルの階層である。「スタック」は、積み重ねられたという意味の英語。

通信プロトコルには様々な役割があるが、それらの各プロトコルが連携して通信が実現されている。そして、それらのプロトコルは階層的な構造にある。

例えばインターネットで用いられているTCP/IPの場合、一番下の物理層にネットワークカードを制御するデバイスドライバがあり、その上のデータリンク層にLAN を制御するEthernet(IEEE 802.3)などの通信プロトコルが機能している。

その上のネットワーク層にはコンピュータ同士で通信を制御するIPがあり、その上のトランスポート層に2つの端末間で信頼性のある通信を提供するTCPやUDPがある。一番上のアプリケーション層には、インターネットでハイパーテキストを転送するHTTPがあり、それらが連携して通信を実現している。プロトコルスタックは、一揃い(suite)という意味で、プロトコルスイートと呼ばれることがあり、特にTCP/IPの場合は、「インターネットプロトコルスイート」といわれることも多い。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る