プロシージャ

読み方、または別称:ぷろしーじゃ

プロシージャとは、「手順」や「手続き」という意味の英単語で、プログラム内部での一連の処理をまとめたものを指す。繰り返し使われる一連の処理をプロシージャとしてまとめることで、再利用性が高まり、工数が削減でき、保守も容易になる。

データベースの分野においては、データベースに対する一連の処理を1つのプログラムにまとめ、かつデータベース管理システムに保存したものをストアドプロシージャ(stored procedure)という。

ストアドプロシージャでは、SQL文を1つずつ送るのに比べて、ネットワークのトラフィックを削減できる。また、作成されたストアドプロシージャはすぐに実行できる形式に変換されてデータベースサーバに保存されるため、クライアントから呼び出し命令を送信するだけで処理が実行できる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る