プリプロセッサ

読み方、または別称:ぷりぷろせっさ

プリプロセッサ(preprocessor)とは、ある何らかの処理を行うソフトウェアに対して、事前にデータ入力やデータ整形などの準備的な処理を行うソフトウェアのことである。

プリプロセッサは特にコンパイラに対して使うことが多く、他の分野では、CADやCAEのデータ処理があり、ワープロソフトウェアでの漢字変換ソフトウェアもプリプロセッサである。

コンパイル処理でのプリプロセッサは、コンパイラがソースコードのコンパイルを始める前に、あらかじめソースコードに処理を施すためのプログラムソフトウェアである。プリプロセッサによって実行される命令はプリプロセッサ指令であり、処理はプリプロセスと呼ばれる。

プリプロセッサの処理内容には、ファイルの読み込み (including)や、文字列をあらかじめ決められた規則によって置換するマクロの展開、また、定数の数値への置き換え、コンパイル条件によるソースコードの部分的選択などがある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る