ブルーライト

読み方、または別称:ぶるーらいと、blue light

可視光線の中で、波長が380~495nmの青色光のこと。
エネルギーが強く、眼の奥の網膜にまで届く。

LEDディスプレイやLEDバックライトを使用した液晶ディスプレイがブルーライトを強く発生させるため、パソコンやスマートフォンなどの普及に伴い、人々が接触する機会が増大している。
眼の疲れや生体リズムへの影響、あるいは頭痛などの症状を引き起こす懸念があることから、ブルーライトを効果的に軽減するレンズ(眼鏡)も市販されている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

ページトップへ戻る