フェムトセル

読み方、または別称:ふぇむとせる

フェムトセル (femtocell) とは、電気通信での半径数十m程度の、きわめて小さな範囲の携帯電話用の超小型基地局で、一般家庭や小規模オフィスでの使用を想定した通信機器である。外観はブロードバンドルータや無線LANのアクセスポイントに類似している。

NTTドコモの「フェムトセル小型基地局」、KDDIの「auフェムトセル」、ソフトバンクモバイルの「ホームアンテナFT」と、国内の通信各社がフェムトセルの提供を最近開始しており、携帯電話ユーザの注目を集めている。

携帯電話基地局の多くは、通常、半径数百mから十数kmの通話エリアを持っており、その大きさから「マクロセル」と呼ばれているが、マクロセル同士の境界領域やビルの奥、地下では電波強度が微弱となり通信しづらい場所が生まれる。フェムトセルは屋内、特にフェムトセルでなければ通話が限られていたり不可能な場所に広げることができる。

フェムトセルは家庭や企業のWi-Fiアクセスポイントと連動する新しい(二重モード)携帯電話機を必要とするため、新しいアクセスポイントを設置しなければならないが、フェムトセルが普及するまで既存の携帯電話と連動できるようになっている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る