ピクトブリッジ

読み方、または別称:ぴくとぶりっじ

PictBridge(ピクトブリッジ)は、デジタルカメラとプリンタを接続してデジタルデータを印刷するための規格で、2003年2月にカメラ映像機器工業会 (CIPA) が業界の標準規格として採用した。

それまではメーカにより異なっていたデジタルカメラとプリンタ間の映像デジタルデータ通信の統一を目的に、2002年12月にキヤノン、オリンパス、セイコーエプソン、ソニー、ヒューレット・パッカード、富士写真フイルムが統一規格案を提案した結果がPictBridge規格である。

デジタルカメラは、撮影した静止画をデジタルカメラの液晶画面でも再生できるが、パソコンの画面のような表示装置がついた電子機器に画像データを転送して、保存・再生をするのが一般的である。

また、デジタルデータを印画紙に印刷するデジタルプリントの需要も多い。そのためにはデジタルカメラで撮影した画像をプリンタで印刷する必要があるが、そのためにはパソコンにデータを転送する必要があった。ただし、直接接続が可能な機種は限定され、何かにつけて不便であったが、それを便利にするために考え出された規格がPictBridgeである。PictBridgeでは、デジタルカメラとプリンタとの間の通信仕様が規格によって標準化されたので、デジタルデータの印画紙への印刷が便利になった。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る