ビーコン

読み方、または別称:びーこん

ビーコン(beacon)は、日本語にすると無線標識であり、地上にあるビーコンから発射される電磁波のほかに、コンピュータ間の通信でもビーコンという単語が用いられる。すなわち、無線LANのアクセスポイントからはビーコンと呼ばれるパケットを送出しており、無線LANアダプタを備えたコンピュータ機器がそのビーコンを受信し、利用が可能なネットワークを検出する。

また、ウェブビーコンとは、HTMLを利用したメールやウェブページの閲覧者を識別する仕組みのことである。ウエブビーコンは、受信者を識別する符号を付加したイメージ要素を含んだHTMLメールと、その符号を理解するサーバ側のプログラムとで構成される。

メールに含まれたイメージ要素を理解し、表示する際はサーバへのリクエストが必要になるが、付加された符号もそのリクエストとともにサーバに伝達される。

なお、イメージ要素になる画像はサイズや種類等は自由であるが、受信者がこの仕掛けを分からないようにするために、使用される画像に、縦横共に1ピクセルの透明色GIFファイルが使われることがある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る