ビットレート

読み方、または別称:びっとれーと

ビットレートとは、ビット/秒、つまり、1秒間にデータを転送する単位である。すなわち、1秒間にデータ転送路上の地点を転送されたビットの個数のことで、モデムやルータなどのデジタル通信機器に用いられる言葉である。

したがって、bps(ビーピーエス、bit per second)とも呼ばれるが、あくまでも単位であって、物理的な量ではない。あくまでも物理量は、転送率、転送速度、転送効率、伝送率、伝送速度、伝送効率、信号速度などである。

これに類似する概念や用語には、コネクション速度、転送レート、通信路容量、スループット、帯域幅、スペクトル効率がある。また、「速度」として表現されることも見られるが、ビット/秒、すなわちビットレートは単位時間にどれだけ多くのビットが通過したかを表す言葉であり、速度ではない。

また、「効率」を使う用語もあるが、データ転送にはさまざまな「効率」があるので、効率と言う言葉は紛らわしい。また、変調レートのボー (baud) とは異なる単位である。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る