ビットトレント

読み方、または別称:びっととれんと

ビットトレント(BitTorrent)とは、Peer to Peerを用いたファイル転送用プロトコル及びその通信を行うソフトウェアのことである。開発はブラム・コーエン。名前の意味は、"急流のように速くファイルを落とせる"。特に、人気のあるファイルであればあるほど、速くダウンロードすることができる。

分かりやすく言えば、「Winny」などと同じ特徴を持っている。一般的に、ダウンロードするファイルが一極に集中した場合、一極集中し、全体の拡散速度として豊富といわれた帯域を占有するだけの速度しか出せなくなる。しかし、BitTorrentでは、こういった現象を回避することで、一極集中しても速度を落とすことなくファイルをダウンロードすることができる。

これは、「相手からファイルの一部を受け取るには、自分のファイルの一部を渡す必要がある」という規則を導入しているからである。よって、貧弱な帯域を持つユーザーでも、全体ファイルの配布に協力することが可能になった。

また、こういった特徴により、自分からアップロードするのは、ダウンロード中またはダウンロード後のファイルのみになる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る