パーソナライズ

読み方、または別称:ぱーそならいず

パーソナライズ(personalization)とは、パーソナライズ(personalize)という動詞の名詞形である。"何かを個々人向けにカスタマイズ"することを意味し、日本語で「個人化」と訳す。分かりやすく言えば"あなた用"ということになる。

日本語でパーソナライズというと計算機ソフトウェアに関連する用法として限定された使い方をするが、一般的にはウェブページを個人向けにカスタマイズする意味で使われることが多く、利用者の属性や趣味嗜好などに基づき、ページをカスタマイズする。Yahoo!などが、これに相当する。

また、「レコメンド」「レコメンデーション」と近い文脈でも使われ、この場合、パーソナライズしたデータの最大活用方法がサービスを提供する側と受ける側、どちらにとっても"おすすめのものを提示する"ことだからである。

例えば、Amazonの「あなたのおすすめ商品」がパーソナライズを指す。パーソナライズを高度な形で、日本で最初に提示したものは、NECや読売新聞によるX-press-Oがある。1996年にWWWが普及し、早い時期から自動パーソナライズ、プッシュ型配信などの総合的な意味としてパーソナライズするサービスを実施した。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る