パラレルポート

読み方、または別称:ぱられるぽーと

パラレルポート(parallel port)とは、かってのコンピュータと周辺機器を接続する物理的なインターフェイスの一種。複数の信号線で複数のビットを並列(パラレル)に転送する方式のインターフェイスのことである。

パラレルポートでは、値のそれぞれのビットは、ばらばらの線一本ずつに電気パルスを同時に送られる。それに対して、値のそれぞれのビットを一本の線で順番に送ることをシリアルという。

パラレルインターフェイスには多くの種類があるが、単に「パラレルポート」といった場合は、IEEE 1284準拠のインターフェイスを指す。これは「セントロニクス型」としても知られている。

USBインターフェイスの急速な普及によって、パラレルポートは様々な分野でUSBに置き換えられて、2000年代中頃には一般的なプリンタはUSBコネクタやLANを通して接続するようになったため、現在はパラレルポートを持つものは現在ほとんど販売されていない。最近のコンピュータでは、コスト削減などの目的でパラレルポート自体を持たないものも多い。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る