パラメータ

読み方、または別称:ぱらめーた

パラメータ(paramater)とは、情報工学において、引数のことを意味する。ソフトウェアを実行する際や、プログラム内で関数を呼び出す際に動作を指定し、外部から与える設定のことである。プログラムでは、ユーザーのさまざまな好みに応じて、1つの機能でも動作変更できるよう作られている。

またユーザーが設定値やボタンなどで選択できるよう、動作の変更はプログラムの内部でパラメータによって制御されている。冒頭でもあるように、パラメータはプログラミングでは「引数」と呼ばれている。その為、引数によって部品の動作指示を起動元が行うようになっている。

この「引数」(ひきすう・いんすう)とは、プログラミング言語において"サブルーチン"を呼び出し実行するために渡す値と、渡された値に名前をつけ、サブルーチン内で変数として扱えるようにしたもののことである。

「仮引数」「実引数」の総称でもある。ちなみに、引数は"ひきすう"であって、"いんすう"は間違いとされることが多い。しかし、"いんすう"との呼称もある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る