パッケージソフト

読み方、または別称:ぱっけーじそふと

パッケージソフトウェアは英語らしく感じるが和製英語で、特定の業務や業種で利用できる既製の市販ソフトウェアを指す。

また、パーソナルコンピュータ用のワープロソフトやユーティリティソフトなど、個人向けの一般市販ソフトも含めてパッケージソフトと言われることが多い。

パッケージソフトの用途としては、財務会計ソフトや給与計算ソフトなど、中小企業を含めた多くの企業の一般的な業務を対象にしたものが多い。

パッケージソフトは様々で、小規模な製造業、卸売業、小売業、会計事務所などの業種での総合管理システムから、大規模なものでは銀行の勘定系システム用までのパッケージソフトがある。以前は、オフィスコンピュータ用のものが中心で、ハードウェアであるコンピュータとセットで販売されていたが、現在ではパーソナルコンピュータに向けたものが多く見られる。なお、パッケージと言う言葉自体には格別な意味がある訳ではない。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る