パターンファイル

読み方、または別称:ぱたーんふぁいる

パターンファイルとは、ウイルスの検出とスパイウェア検出用のコードのことである。アンチウイルスソフトウェアや、アンチスイパイウェアなどが用いている。アンチウイルスソフトウェアは、いわゆるコンピュータウイルスを検出・除去するためのソフトウェアのことで、コンピュータに常駐して動作するか、ユーザの操作によって動作する。

また、クライアントを対象とするものと、サーバを対象とするものに分けられ、基本的にファイルの静的スキャンで脅威を検出する。また、パソコン内のデータストリームを動的スキャンしたり、ウェブブラウザや電子メールクライアントなどで送受信されるデータを動的にスキャンする場合もある。

アンチスパイウェアも、アンチウイルスソフトウェアと同じコンピュータウイルスを検出・除去するものだが、主にアドウェアやトロイの木馬を検出・除去する。駆除機能以外にも、感染を防止する機能を持っているものもある。

一般にウイルスからコンピュータを守るものだが、時に動作不良や起動不良などで誤検出する場合があり、問題点となっている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る