パソコン通信

読み方、または別称:ぱそこんつうしん

パソコン通信とは、専用ソフトを使って個人のパソコンとホスト局のサーバとの間の通信回線を使ってデータ通信を行う手法とサービスである。

1980年代後半から1990年代前半には多くのユーザに利用されていたが、インターネットが発達した現在ではほとんど利用されていない。

すなわち、オープンで使いやすいインターネットに対して、パソコン通信は原則として特定のサーバとその参加者(ユーザ会員)の間だけでの限られたネットワークである。

パソコン通信ではユーザ同士の1対1での通信も可能であるが、通常は、パソコンにモデムなどを接続して一般加入回線の電話回線でサーバにダイアルアップ接続をして、電子メールの送受信や電子掲示板、チャットなどが行われた。因みに、株式取引や公営競技の投票がパソコン通信で行われていた時期もあった。また、ファイルアーカイブなどの機能も備えてはいるものの、情報の送受は主に文字データである。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る