バーチャルリアリティ

読み方、または別称:ばーちゃるりありてぃ

バーチャルリアリティ(Virtual Reality)とは、実際の形はしていないか、もしくは形は異なるが本質は同じ環境を、ユーザの感覚を刺激することで作り出す技術で、人工現実感、あるいは仮想現実と訳されるが、どちらかと言えば仮想現実に近い。

バーチャルリアリティは、コンピュータで作り出された世界で、いわばサイバースペースである。なお、コンピュータグラフィックスを利用してユーザに示すものと、現実の世界をオフラインで記録するか、オンラインでユーザに示すものとに分けられる。

また、ユーザが肌で知覚できる現実世界の対象に対して、コンピュータでそこに情報を付加して示す場合には、拡張現実や複合現実 (Mixed reality) と呼ばれる。

バーチャルリアリティの3大要素は、3次元の空間、実時間の相互作用、自己投射で、インタフェースには人間の視覚と聴覚を利用するが、さらに触覚や力覚、前庭感覚などのインタフェースも利用する場合がある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る