バナー

読み方、または別称:ばなー

バナーとは、旗、垂れ幕という意味で、リンクを張り、クリックするとそのバナーが紹介するサイトを表示するための画像のこと。主に広告や宣伝用に作られるが、個人のサイトなどでは相互リンクのために作られ、他のウェブサイトを紹介する役割をもつ。

バナーのサイズに規定はなく横長の帯状のものが多く使われており、200×40ピクセルや80×31ピクセルの大きさの画像が一般的で、特に80×31ピクセルのものは最初に作成されたNetscape 社バナーがこの大きさであったため、それが広がって最も多い。広告用のバナーには、468×60ピクセルや234×60ピクセルといったサイズの画像が多く使用されている。

広告用のバナーの場合には、サイトに挿入することで表示回数やクリック回数により報酬を得られるものや、クリックして商品が購入された場合に成果報酬が得られるものがある。

バナーは静止画だけでなく、GIFアニメーションのバナーやFlashを使用したFlashバナーがあり、様々な効果をつけてより目立つものを作成することができる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る