バックライト

読み方、または別称:ばっくらいと

バックライトは背面から液晶を照らす手段で、その方法にはエッジライト方式と直下型方式がある。通常の場合、エッジライト方式は小型液晶やノート型パソコン、LCDモニターに多くの場合採用され、一方直下型方式は液晶テレビに主に採用されている。なお、エッジライト方式の技術のコアである導光板を利用した面光源技術は日本で発明された。

液晶ディスプレイは、当初はバックライトと言うとエッジライト方式のことであったが、最近では液晶テレビ用バックライトは直下型が主流となった。

なお、液晶テレビやパソコンのディスプレイ等、面積の大きい場合には光源に冷陰極管を使用するが、一部の液晶ディスプレイでは色再現域の広いRGB3色のLEDを光源として使用するものもある。また、LEDは高電圧電源を必要としないため小型化に適しており、バッテリー駆動の携帯型電子機器では白色LEDまたは3色LEDが使用されている。

バックライトの光源には、電球、発光ダイオード (LED)、エレクトロルミネセンスパネル (ELP)、
冷陰極管 (CCFL)、熱陰極 蛍光灯(HCFL)がある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る