バス

読み方、または別称:ばす

バス(bus)とは、各種のコンピューター内部で電子回路同士がデータの送受信をするために用いられている経路のことである。コンピューター内の電気的信号はビットと呼ばれる単位でやり取りされており、その信号を伝えるバスはコンピューター全体の正常な稼働のために重要である。

バスには大きく分けて2つの種類があり、内部バスと外部バスに分類される。内部バスというのはCPUなど大規模なプロセッサーの内部でデータをやり取りするためにも用いられ、外部バスというのはCPUと記憶装置など、外部の部品とやり取りするために用いられている。

コンピューターの性能はCPUなどの演算装置によって決定されるが、その中心部品と外部の部品とのデータ転送が思うように行われないと、コンピューター全体の性能は損なわれる。そのため、バスはコンピューターの性能を決定付ける重要な部分である。

拡張バスにはいくつかの規格が存在し、いわゆるDOS/Vと呼ばれる標準的なパソコンではISA、PCIなどの拡張バスが有名である。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る