バイオインフォマティクス

読み方、または別称:ばいおいんふぉまてぃくす

バイオインフォマティクス (Bioinformatics) とは、コンピュータサイエンスを応用して生物学の問題の解明を図る学問で、生物情報学とも訳される。

バイオインフォマティクスの研究の主な対象は、配列アラインメントや遺伝子発見、ゲノムアセンブリ、様々なタンパク質関連研究、進化のモデリングなどである。

近年では、多くの生物を対象にしているゲノムプロジェクトで多くの情報が得られるが、それらの情報から生物学的な意味を抽出することが困難であるので、バイオインフォマティクスの重要性が注目されている。

例えばヒトゲノム計画では、ある配列断片から順番に配列を解読する手法が考えられていたが、コンピュータを使うショットガン法で高効率な解読が進められるようになった。ショットガン法はゲノム配列を短い断片にして、それぞれを解読し、同一の配列を重複する領域として並べ替えてゲノム配列を再現するが、この作業には高度なコンピュータの計算能力が必要になる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る