ハーバード・アーキテクチャ

読み方、または別称:はーばーどあーきてくちゃ

ハーバード・アーキテクチャには命令用とデータ用に分割された記憶装置と信号通路があり、命令用とデータ用でメインメモリのアドレス空間が分かれている。

この名前はHarvard Mark Iから来ているが、Harvard Mark Iは命令を穿孔テープに記憶し、データをリレーのON/OFF状態で記憶するマシンである。

なお、ノイマン型アーキテクチャのCPUはメモリからの命令を読み、メモリからデータを読み書きするが、これに対しハーバード・アーキテクチャでは、命令をメモリから読むこととデータをメモリから読むことが同時にできる。

ハーバード・アーキテクチャはその構造上一つの命令の処理が完了すると同時に次の命令を読み込むことができるため、より高速化が可能である。また、ノイマン型アーキテクチャはフォン・ノイマン・ボトルネックであるが、これに対し、ハーバード・アーキテクチャは、ボトルネックを2つに、主記憶も2つに分散できる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る