ハンドヘルドPC

読み方、または別称:はんどへるどぴーしー

ハンドヘルドPCとは、マイクロソフトによって作られた小型のコンピュータの事である。小型ではあるが、普通のパソコンと同様にメール機能や文章作成機能も装備されている。表示部分もモノクロだけではなくカラー版も登場している。ハンドヘルドPCを作成した会社としてNECやシャープ、NTTドコモなどが有名であるが、現在は販売を終了している。

類似する言葉としてハンドヘルドコンピュータという言葉があるが、ハンドヘルドコンピュータとは、持ち運びのできる小型のコンピュータの事である。ノートパソコンより小型なパソコンである。ハンドヘルドコンピュータの事をPDAと呼ぶときもあるが日本ではあまり使われず、アメリカなどで主に使われている。ハンドヘルドコンピュータは1981年にOsborne1が初号機として開発されたが、重量の点などで実用からは程遠いものであった。実用化が行われたのは1983年のダンディラジオジャック社製のTRS-80 model 100からである。この機種の誕生により各社が次々にハンドヘルドコンピュータを発表した。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る