ハフマン符号

読み方、または別称:はふまんふごう

ハフマン符号(Huffman coding)とは、符号のことで、1952年にデビット・ハフマンによって開発された。この符号とは、コンパクト符号やエントロピー符号のひとつで、JPEGやZIPなどの圧縮フォーマットで使われている。常に最適な符号を構成できるが、疑似的に実数の符号語長を割り振る算術符号と比較すると、データ圧縮効率は劣ってしまう。

しかし、算術符号やその他の高効率符号化法とは違い、特許の問題がないのが大きな特徴となっている。符号化の原理には、いくつかの方法がある。1つは、1度目のデータを読み込み、データすべての記号を調べ、2度目に符号化することを「静的ハフマン符号」(Static Huffman coding)。

記号を1つ読み込むごとに木を作り直し、1度の読み込みで符号化することを「適応型ハフマン符号」(動的ハフマン符号、Adaptive Huffman coding)という。Deflateではダイアミックハフマン符号を使っているが、これは静的ハフマン符号の一種で、適応型にはならない。

同じくDeflateでは、固定ハフマン符号も使用しているが、これは記号の出現頻度には関係なく符号化する。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る