ハイパーバイザ

読み方、または別称:はいぱーばいざ

ハイパーバイザ (hypervisor) とは、コンピュータの仮想機械(バーチャルマシン)を実現するための制御プログラムで、仮想化モニタあるいは仮想化OSと呼ばれる。

ハイパーバイザは、上位(hyper)の管理者(supervisor)の意味で、アプリケーションソフトウェア側からOS、特にカーネルをスーパーバイザと呼び、システムコールをスーパーバイザコールと呼ぶが、そのような意味合いから、仮想機械の場合はOSをそれよりも上位の制御プログラムが管理するためハイパーバイザと呼ばれる。

ハイパーバイザは大別して2種類があり、その一つはハードウェアの上で直接稼働するが、もう一つは他のOSの上で稼働する。

また、ゲストOSを修正せずそのまま稼働できるものは完全仮想化であるが、ゲストOSに修正が必要な場合を準仮想化になる。なお、仮想機械でも単なる物理分割で、特にリソース管理を行っていない場合はハイパーバイザーは存在し得ない。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る