ハイパースレッディング

読み方、または別称:はいぱーすれっでぃんぐ

ハイパースレッディング・テクノロジー (Hyper-Threading Technology、HT、HTT)は、インテルのハードウェアマルチスレッディング実装のトレードマークである。

当初は、NetBurstマイクロアーキテクチャでのSMT(Simultaneous Multithreading、同時マルチスレッディング)の実装に使われたが、その後SoEMT( Switch-on-Event Multi-threading) にも用いられ、さらにIntel Atom の SMT 実装にもこのトレードマークがつかわれている。

ハイパースレッディングは、プロセッサのアーキテクチャステートの特定部分だけを二重化する。このため、ハイパースレッディングを持つプロセッサはコンピュータのOS に対して論理的に2つのプロセッサがあることになるので、OS が2つのスレッドやプロセスを同時にスケジューリングすることが可能となる。

ハイパースレッディングのパフォーマンスは、マルチスレッドコードのサポートを改善することや、複数のスレッドの同時動作を可能にし、さらにメモリのスループットを改善することなどである。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る