ネットワーク監視

読み方、または別称:ねっとわーくかんし

ネットワーク監視(Network monitoring)とは、コンピュータネットワークの性能低下や障害を定期的に監視することである。またそのシステムを指している。ネットワーク管理者に電子メールやその他の手段で警報を通知する、ネットワーク管理機能の一部でもある。

負荷の異常な高まりやサーバ障害、ネットワーク接続障害などを監視する。例えば、Webサーバの状態を知るために監視ソフトウェアが定期的にHTTP要求を送り、ページを取得するという方法を取る。電子メールサーバの場合なら、SMTPでテストメッセージを送ってIMAPまたはPOP3で受信する方法がある。

定期的な計測尺度は、応答時間や可用時間などさまざまだが、最近では堅牢性や信頼性の尺度が一般化してきている。ネットワーク監視システムが調べられるプロトコルは、HTTP、HTTPS、FTP、SMTP、POP3、IMAP、DNS、SSH、TELNET、SSLなどがあり、他のポート監視もできる。

監視間隔は数時間から1分程度まで。フリーソフトウェアやOS標準機能として、「pingプログラム」「MRTG」「SNMPサーバ」「Nagios」などがある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る