ネットバンク

読み方、または別称:ねっとばんく

ネットバンクとは、パソコンのインターネットを利用した銀行のことである。同様のものとして携帯電話を利用したモバイルバンクがある。インターネットは瞬時に情報をやり取りできるので金融取引には向いている。インターネットを利用した売買も普及し始めた。そのような理由でネットバンクは徐々に広がり始めた。

最初に個人向けのネットバンクが始まった。個人向けネットバンクは全都市銀行全第二地方銀行などで広く行われている。2003年頃からは法人向けのインターネットバンキングする会社が現れた。最後までインターネット導入をしなかった香川県百十四銀行もサービスを開始し、今では全国にインターネットバンクは存在する。

ネットバンクの主なメリットは在宅していても利用が出来ること、土日・夜間・早朝・関係無しに利用できること、普通の振込みに比べて手数料が安く設定されていることがあげられる。

ネットバンクは預金者保護法の対象外であった。そのため不正な払い戻しによる被害が増加した。そのため、全国銀行協会は、余暇印写が無過失ならば全額補償することにした。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

ページトップへ戻る