トランザクション分離レベル

読み方、または別称:とらんざくしょんぶんりれべる

トランザクション分離レベルとは、データベース管理システム上で一括処理を複数同時にした場合、どれほどの一貫性や正確性で実行するかを4段階で定義したものである。またトランザクションを定義づけるACID特性のうち、Iに関する概念を指す。このIとは、Isolarion(分離性・独立性)を意味する。

あるデータに対する読み書きの処理を行う場合の「待ち」の時間を少しでも防ぐために、複数の処理を並行して行っている間でも、その他の処理を受け付けられる制御方法が確立された。

この時、1つのトランザクション処理が他の処理からの独立の度合いを焦点とする。すなわち、"待っている時間を減らすために、どれだけのデータの一貫性を犠牲にしたら良いのか"を定めたものをトランザクション分離レベルという。

分離レベルの4つの定義は、「SERIALIZABLE」(直列化可能)、「REPEATABLE READ」(読み取り対象データを常に読み取る)、「READ COMMITTED」(確定した最新データを常に読み取る)、「READ UNCOMMITTED」(確定していないデータまで読み取る)となる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る