データベース設計

読み方、または別称:でーたべーすせっけい

データベース設計(データベースせっけい)とは、ソフトウェア開発工程でデータベースの詳しいデータモデルを作る工程のことを指す。データベース設計の物理データモデルは、論理設計上に決定と物理設計上の決定、物理的記憶装置に設定するパラメタ群をすべて含んでいる。

物理的な記憶装置に設定するパラメタ群に関しては、なんらかのデータ定義言語を使うことで必要なパラメタ群のみを決定する。また、データ定義言語で記述された内容は、データベース構築で使うことも可能である。十分に詳細に記述されたデータモデルに関しては、実体ごとに属性群を詳細に規定している。

データベース設計という用語には曖昧さがあるが、正確にはデータを永続化するために使われる基本データ構造群の論理的設計を意味する。よって、関係データベースを使う関係モデルの集まりと導出関係の集まりのことを指す。

オブジェクトデータベースを使うオブジェクト指向モデリングにおいては、データベース設計は実体の集まり、関連の集まりはオブジェクトの集まりと名前がついている関連の集まりに直接的に対応される。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る