デジタル証明書

読み方、または別称:でじたるしょうめいしょ

デジタル証明書とは、暗号技術において公開鍵証明書(こうかいかぎしょうめいしょ)のことを指し、その所有者の同定情報を結びつける証明書のことである。公開鍵は単にバイナリデータであるため、所有者本人の物であることを確認するために、証明書を必要とする。

公開鍵暗号を広範囲で使う場合に用いられ、ユーザー同士で暗号鍵を直接やり取りするには、小さなネットワークでない限り実用的ではなく、鍵配送の問題を回避する手段として提供される。証明書の発行は、偽造されないようデジタル署名が基本となる。

典型的な公開鍵基盤体系においては、認証局が行う。信頼の輪体系においては、自己署名証明書または他のユーザーが署名を行い、どちらの場合であっても、証明書に署名した者が公開鍵と所有者情報との結びつきを証明する。

ちなみに、証明書に含まれる情報は、「証明書の同定情報」「末尾の署名アルゴリズム」「発行者識別情報」「有効期間の開始や満了」「主体者を識別する情報」「主体者の公開鍵の情報」など、これらに対する署名も含む。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る